CCクリームの悪いところって?

CCクリームにはスキンケア製品、美容成分が入っているので、肌には優しいのではないかと考える人は少なくありません。確かにそうなのですが、それでもCCクリームはファンデーションの1つに分類されています。そのためにきちんとCCクリームを落としておかなければ、肌に負担がかかり、ダメージを与えてしまうという悪い点があります。またCCクリームはメイク落としなどを使用せずに洗顔で落とすことが出来ると言いますが、これもしっかりと肌に残らないようにしなくては肌へのダメージは大きいのです。それが原因でシミやくすみになることもありうるからです。CCクリームの利点としての美容成分が入っているから、肌に優しいと印象づけられるので、安心しがちなのですが、それが実は悪いところになることも少なくないので注意が必要なのですね。

CCクリームの良いところ

CCクリームの良いところは、厚塗りにならないところです。メイクの用品はたくさんありますが、肌のトラブルを隠すカバー力の強い物やそのせいで白浮きしたり、なじまなかったりすることもありますね。しかし、CCクリームは本来の肌を生かして、その肌の調整するように見せてくれるクリームなのです。そのために適切に肌に塗ると白浮きせずに肌全体が均一でナチュラルに見せてくれます。これまでメイクをすると自分の素肌が見えずにカバーするだけなので違和感を持っていた人も多いかもしれません。しかしCCクリームを使用することで自分本来の素肌を生かしてメイクをすることが出来るのです。これが一番のメリットですね。またCCクリームの中には、美容液などを含んだものもたくさんあります。そのためにメイクをしながら、自分の美肌を維持していくこともできるのですね。

CCクリームの正しい使い方

CCクリームを使うと化粧崩れを防いだり、すっぴんメイクなどをたのしむことが出来ると言います。正しい使い方をすればそれが実現できるのですが、なかなか正しい使い方をしなくては実現することはとても難しいです。ではどのように塗るといいのでしょうか。まず使用する量は大体どのCCクリームでも小豆大くらいで良いと言います。それを一度に全体に無理混むのではなく、顔の各ポイントになるところ、例えば頬、おでこ、顎、鼻の頭などにおいて少しずつ伸ばしていくことが大切なのです。一か所が厚くなってしまうとそのあとのメイクに影響します。そのためにポイントに置いたCCクリームを少しずつ均一にのばしていくことが大切なのです。この伸ばしていくときに大切なのは、指の腹を使用してポンポンと肌においておく感じだということです。これにより、少しずつ広げていくことが可能になります。

CCクリームが重たく感じるときの対処法

CCクリームには美容成分が配合されており、保湿力も高いので、冬場はしっとりして乾燥から守ってくれますが、夏場は少し重たく感じるかもしれません。
脂性肌や混合肌の人であれば、Tゾーンがベタついたり、ファンデーションがヨレたり崩れてしまう人も多いのではないでしょうか。
そこで、夏場は化粧水にCCクリームを混ぜ、乳液状にしてから肌に塗ると、過剰な保湿を防げるので、さっぱりした使い心地になります。

また、優れた肌色補正効果により顔色を明るくしてくれますが、顔全体にしっかり塗ってしまうと、のっぺりした印象になりがちです。
くすみなどが気になる部分にはしっかり塗り込み、そうでない部分には化粧水や乳液などを混ぜたCCクリームを薄く塗ると、立体感のある仕上がりになります。

CCクリームのあとにファンデーションを使う場合は、せっかくの肌色補正効果を生かせるように、ミネラルファンデーションなど薄づきのものか、フェイスパウダーで軽めに仕上げると、よりナチュラル感が増すのでオススメです。

CCクリームひとつで、ベースメイクが終了です。

女性の朝はスキンケア、メイク、ヘアセットとやる事が多く大変です。
トータルで30分から1時間くらい掛かってしまいます。
もっと時短する事ができたら、楽ですよね。

ある日ネット検索をしていたら、CCクリームを見つけました。
一本で面倒なベースメイクが終了する、魔法のようなクリームです。
これは運命かもしれないと思い、購入を決めました。

洗顔後化粧水を付けたら、手のひらにCCクリームを適量取ります。
そしたら顔全体にぱぱっと伸ばすだけで、つるんと滑らかな肌に仕上がってくれるんです。
カバー力があるのでシワ、シミ、ニキビ跡、くすみ、毛穴も目立たなくなりますよ。

保湿効果も高く潤いが一日中続いてくれるのも、ありがたいです。
スキンケア感覚で使用出来る手軽さが、魅力的です。